NEWS

PJテーマ3「平等:女性たちの農の学びを支えて平等な社会を!」

こんにちは、サエキです。
さて、今回はDo well by doing good.(いいことをして、世界と社会をよくしていこう)投票で掲げているプロジェクトの3つ目、「3 平等:女性たちの農の学びを支えて平等な社会を!」についてご紹介いたします。

私自身社会に出て約10年が経ちます。その中で、性別による理不尽さを経験することもありました。それぞれの人が、性別ではなく「個人」として、色んな選択肢を、自由に選択できる社会になることを心から願っています。

3つ目のプロジェクトは、コーヒーの一大生産地であるブラジルのコーヒー農家との取組みです。
ブラジルのコーヒー農園の女性農業従事者は、男性よりも労働時間が長いにもかかわらず、賃金が低いという環境におかれています。
女性の能力が劣っているからではなく、適切な教育を受ける機会が不足していたり、女性という理由で必要な情報にアクセスする権利がなかったり、単純労働に従事させられたりすること等が主な要因です。
その様な環境においても、農園を自ら持ち、農園の経営を行いたいという目標を持つ女性に、性別による差異無く、同じ教育の機会、挑戦の機会を得ることを支援するプロジェクトが「Café de Lasカフェ・デラス」です。

この「カフェ・デラス」の活動を支援するプロジェクトに興味のある方は、テーマ3「平等:女性たちの農の学びを支えて平等な社会を!」にご投票お願いします。

わたしたちimperfectで現在参加を呼び掛けている3つのプロジェクト。このプロジェクトを選ぶ際に意識したことが1つあります。
それは、「たとえ私たちがいなくなっても続くプロジェクトであること」です。
私たちが何かを一度提供して終わるのではなく、このプロジェクトが実行されることで、農家の方々の自立や環境保全への取組みが仕組みとして始まり、改善への一歩を踏み出せるプロジェクトであることが大事だと考えています。
「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教える」という言葉がありますが、このプロジェクトがまさに、その様な取組みになることを心掛けています。

投票の第2期は2020年4月に始まり2021年3月末に締め切ります。投票数の進捗は、店舗のインスタグラムで毎月ご報告していますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。
また、第1期の投票でお客さまにより選ばれた「環境:2万本の苗で森の命を守ろう!」が現地で実施された様子をもうすぐ皆さまにご報告できる予定です。
楽しみにお待ちください!