【Do well by doing good.投票】テーマ③平等 女性たちの農の学びを支えて平等な社会を!
original
5eafdc695157623b7f5f4582 5eafdc695157623b7f5f4582 5eafdc695157623b7f5f4582 5eafdc695157623b7f5f4582 5eafdc695157623b7f5f4582 5eafdc695157623b7f5f4582 5eafdc695157623b7f5f4582

【Do well by doing good.投票】テーマ③平等 女性たちの農の学びを支えて平等な社会を!

¥0

送料についてはこちら

コーヒーの一大生産国であるブラジルでは、女性たちが不平等な環境で農業に従事しています。女性の就労時間は、男性に比べて1週間あたり7.5時間も長いにもかかわらず、収入は30%も低いのです。 女性たちは十分な教育を受ける機会が与えられず、そのためにできる仕事が制限されてしまい、単純作業をくり返す他ありません。およそ9割の女性が、農業に関する技術サービスを利用出来ず、非効率な作業に長時間拘束されているのです。また、有能な人材であっても、女性の社会進出を拒む因習のために、発言権すら与えられず、活躍の場を奪われてしまっています。 話題のコーヒー店のカップを片手に出社するOL、おしゃれなカフェでノートPCを開く女子大生。そんな働く女性、学ぶ女性の姿が、コーヒーのつくり手の生きる社会にはありません。上質なコーヒー豆を追究するサードウェーブの舞台は、女性というラベルで一括りにされた、ダイヤの原石だらけの盛り土の上に築かれています。 そこで、ブラジルでスタートした女性が中心のコーヒー農園「カフェ・デラス」の運営を、教育面から支援していきたいと考えました。 農作物に関する知識、農機具の操作技術、農園の経営に関する理解。さまざまな知識や技術を「カフェ・デラス」で学ぶことで、女性たちはより自分の能力や条件に合った仕事に就き、収入を増やすことができます。「カフェ・デラス」の事業の成功は、コーヒー農園で働くすべての女性たちを勇気づけるとともに、性差別がいかに事業の障害になっているかを多くの人々に認識させることになるでしょう。 ■詳しくお知りになりたい方はこちらも併せてご覧ください。 https://www.dowellmag.com/46493/ <Do well by doing good.投票について> imperfect表参道では、お客様と一緒に、世界の食と農を取り巻く様々な社会課題を少しでもよくしていこうという「Do well by doing good.」活動を行なっています。「Do well by doing good.」活動は上記の3つのプロジェクトにご投票いただき、一定の票数を獲得したプロジェクトから順次実行していきます。 「Do well by doing good.」活動にぜひご投票ください。